頭を鍛える

競馬で予想を連続的中させる為には、運だけでは到底不可能な話です。
ビギナーズラックと言う言葉があるように、そこまで経験がない人が自分の誕生日などに賭けてたまたま当たったといった話は聞いたことがあります。
しかし、毎回誕生日に賭けて当たったという人は存在しません。
という事は、継続して予想を的中させる為には正確な情報と、それと伴い精度の高い推理がベースとなってきます。
競馬にとっての精度の高い推理の中には、完璧なデータベース管理はもちろんですが、どのようにそのデータの中から掘り出すかという深く探ったレース分析と正しい再認識が大切だと言われています。
それともう一つ大事なポイントが研ぎ澄まされた直観力です。
プロにあって初心者に無いものが、この直観力ではないでしょうか。
当てずっぽうな感覚とは違い、パドックを歩く馬の調子などから感じたりと方法はさまざまですが、初心者では分からない雰囲気を読み取りします。
正確な情報と精度の高い推理に合わせ、直観力が加わりはじめて勝つ為の競馬予想が展開できます。
そして今現在の馬券の購入方法は単勝、複勝から枠連、馬連、馬単、ワイド、そして3連複、3連単、WIN5となんと9種類もの馬券があります。
それぞれの馬券ではオッズの差が数多くあり、馬券の買い方にも技術が必要なのです。
的中率は高いのに回収率が低い、競馬で予想上手の馬券下手とは本当によく聞く言葉です。
そういった要素から、競馬に関してまずどこから頭を鍛えるかは、やはり不確定要素が複雑に絡み合ったゲームの中で的中率を上げる事です。
更に中長期で継続に利益を上げる為に馬券の買い方を見極め、回収率を最大限引き上げる技術を効果的に組み合わせることが必要になってくるといえるでしょう。

コメントを残す