直接関係する情報とは?

インターネットが当たり前のように広まり、発展してきた現在の「高度情報社会」を実現する以前から「競馬は情報戦である」という言葉は言われてきました。
なので馬券に直接関する情報とは、現在のインターネット社会が出来上がり語られる言葉というよりは、むしろもっと昔から使われてきた言葉の名残だと言った方が正しいのかもしれません。
しかし現在のインターネット社会では、いい意味でも悪い意味でも情報があり過ぎてしまい、競馬を行う人たちにとっては逆に迷惑になってしまうケースも少なくありません。
情報量があまりにも豊富すぎる為、正しいものと正しくないものの見極めが難しいのが現状ではないでしょうか。
同じ言葉で検索しているのにも関わらず、真反対の答えを導き出しているサイトも実に多く存在します。
となると、馬券に直接関係する情報に関する肝心な部分を抜粋することが、困難になっている可能性もあります。
インターネットは誰もが自宅から検索一つで簡単に情報を手に入れられる手段です。
なので、分からなくなった時にはあえて昔の方法に戻り、競馬新聞などから情報を読み取ることも一つの手段だと言えます。
ここまでインターネットが社会に広まる以前では、誰もが競馬新聞を隅から隅まで読み、自分自信の知りたい情報を得ていました。
そもそもこの競馬新聞こそが、競馬ファンの人たちにとっての大事な情報源だった訳です。
この点から考えると、馬券に直接関する情報とは私たちが考えている以上に身近で、もっとアナログな所に存在しているのではないでしょうか。
「初心に戻る」という言葉をよく耳にしますが、競馬に関しても当てはまる言葉だと私は思います。

コメントを残す