レース展開の重要性

競馬の展開で大切なことは、最後の直線までどれくらいの体力を残せるかということだといってもいいでしょう。最後には直線での勝負になりますので、スタミナをそこまで温存しておくことが必要です。これはほとんどの場合、騎手の手腕にかかわっているといっても過言ではないでしょう。馬にはそれぞれに得意の脚質というものがあります。逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬などという言われ方をしますが、予想する時には、その馬が過去のレースでどの位置を走っていたのかを調べることで、おおよその見当はつくはずです。戦法として、どのような競馬がその馬に向いているのかということは、各馬によって違いがあります。そのことを考えに入れたうえで、レースの展開を予想して、能力と照らし合わせて競馬予想をするわけですが、そういうふうにいわれても、どの馬が勝つのかということがわかるわけもありません。レース展開を予想するということは、例えば、逃げ馬が多い時には、逃げ馬同士でスタート直後に先頭争いをします。その争いが長引けば長引くほど馬のスタミナが消耗してしまいます。前半でスタミナを使い過ぎた馬は、最後の直線では後方に下がっていってしまいます。馬は、他馬と競りあうことでスタミナがなくなるということを覚えておいて下さい。最後の直線まで他馬と競り合って無駄なスタミナを使わないことがレースに勝つために必要なことです。レース展開を読むということは、馬のレース中の位置取りによって、他馬に邪魔されずに直線まで気持ちよく走れるかどうかということを予想するために、馬の位置をそれぞれに考えて、他馬と神経戦を演じなくてもいいのかどうかということを予想することでもあります。馬券の予想には、展開を読むということが大きな要素になります。

コメントを残す