浦和競馬予想

 競馬場というと、広大なコースが思い浮かびます。どこの競馬場も1周が最低1000mはありますし、それを観戦するスタンドも巨大です。しかしそれは人間の感覚
でしかありません。人間のスケールでいくと大きなものでも、競走馬のスケールでは窮屈であるかもしれません。競走馬は時速60kmで走ることができます。体高(
肩までの高さ)は160cmを越え、体重は500kg前後もある大きな生き物です。しかも年々品種改良によりそのスピード能力は高くなりつつあります。そのためか
新しくコースが整備された競馬場はいずれも直線走路を長く取った広いもの多いですね。阪神競馬場もそして今年リニューアルとなった中京競馬場もそのように改修
されています。
 このように中央競馬ではコースの改修が進められ、よりスピードの出しやすい競馬場へと変わっていっています。しかし地方競馬ではそうは行きません。改修には
大きな費用が掛かりますから、経営の苦しいところの多い地方競馬ではおいそれとできることではありません。ということは、中央競馬と地方競馬では活躍できる血統に
差が生じるかも知れません。確かに血統のいい馬は中央に集まりやすいという傾向もあり一概にその差異だけを上げて、中央競馬で活躍しやすい血統と地方競馬で活躍
しやすい血統を分けることはできませんが、現に小回りの浦和競馬ではマイネルラヴ、アグネスデジタル、クロフネといった馬の産駒が突出して好成績を収めています。

コメントを残す